温効生姜でむくみはとれる?

温効生姜でむくみはとれる?

温効生姜でむくみはとれる?

 

夕方になると辛いむくみの原因は?

 

 

よく夕方になると、足がむくんでしんどいという話しを耳にします。

 

かく言うわたしもむくみ脚に悩まされていた一人です。

 

男性より女性に多いと聞きますが、わたしのまわりの

 

男性のみなさん、意外にむくんでそうな脚をお持ちの方もいらっしゃいます。

 

 

 

では、なぜ、脚はむくんでしまうのでしょう・・・

 

むくみを引き起こす原因は、いろいろありますし

 

様々な原因が重なって、ひどいむくみが起こる場合もあります。

 

 

 

むくみが起きる時は、水分、リンパ、血液が通常どおりには

 

きちんと流れていないからです。

 

なぜ、きちんと流れないのか、それは、普段、多くとる態勢

 

姿勢にも一因があるでしょう。

 

 

 

立ち仕事であれ、座り仕事、デスクワークであれ

 

同じ姿勢のまま、長時間い続けると、血液の流れな悪くなります。

 

つまり、体中を、きちんと循環するべきものが、循環していないということですね。

 

そうすると、血液が水分が流れ出てきてしまいます。

 

そして、人間、重力にはさからえないので、どうしても下へ下へと

 

水分は貯まりこんでしまいます。

 

 

 

これには、こまめに身体を動かして、血の巡りをよくしてやる必要があります。

 

お仕事の合間をみて、多少のことでも、できることから始めてみましょう。

 

 

 

むくむと、さらに血管は圧迫され、血液の流れも悪くなりますよね。

 

そうすると、まさに悪循環、冷えを増長させてしまい

 

冷えると、また、血液のながれも悪くなり・・・

 

永遠、むくみのループが繰り返されるのです。

 

 

 

つま先立ちをしてみたり、ストレッチをしてみたり

 

マッサージもとても効果的なんですが

 

それと同時に、体内からもアプローチできるといいですよね。

 

 

 

また、わかってはいるけれど、マッサージや、軽い運動は

 

なかなか気が重いという方にも

 

内側からの、お手軽なケアにおすすめなのが温効生姜なんです。

 

 

 

国産の生姜を乾燥して作られる温効生姜は

 

体を温める成分が、通常の生姜に比べて、375倍という

 

すごい数値が、実験により、確認されています。

 

 

 

それを聞いただけで、温まりそうな雰囲気抜群ですが

 

ただ、温めてくれるだけではなく、カロリーもなんとたったの2,3kclなんです!

 

余分なお砂糖などが入っていないからなんですね。

 

お砂糖の過剰摂取はよくありませんよね。

 

こちら、糖尿病の方も安心して飲んでいただけるものとなっています。

 

高カロリーを摂取してしまうと、脂肪を蓄える原因となるので

 

さらに冷え、むくみを悪化させてしまいます。

 

 

 

むくみを改善するために、外から、内から、まず体を温めて

 

体質改善に少しずつ取り組めればいいですね!

 


ホーム RSS購読 サイトマップ